トップ > 技術紹介

技術紹介

事例1 超硬チップ固定方法改良(特許第5360532号)

開孔錐

開孔錐

高炉開孔ビットの超硬チップの固定方法を改良したことにより、開孔時の高温への耐久度が増し、超硬チップが抜け落ちる確率が大幅に減少しました。
これにより、掘削力が向上し、作業時間が短縮され操業安定の改善につながりました。

事例2 高炉の微粉炭吹き込みバーナー(特許第5105293号)

高炉の微粉炭吹き込みバーナー

高炉の微粉炭吹き込みバーナー

PCバーナーを自在回転式にしたことにより、高炉の操業中に漏風することなく、より安全にPCバーナーを回転させ適切な状態に調整することが可能になりました。
また、バーナー先端部を耐熱コーティングすることで、従来よりも長寿命化を実現しました。

事例3 3R転造機

3R転造機

3R転造機

3つのローラーダイスを素材の中心方向に回転させながら押しつけ転造します。
加工の特性としては、ファイバーフロー(繊維状金属組織)が切断されず、被加工面が組織硬化することにより、切削加工よりも強度が増します。
現在では最長で7.3M、鋼管、丸鋼等のサイズは様々なものを転造しております。
また、転造加工部の長さ調節も可能です。
 
 

事例4 穿孔用ビット(特許第5256385号)

穿孔用ビット

穿孔用ビット

弊社が独自開発した穿孔ビットを用いる事により、従来は工事単価が高く、かつ大型の機械が必要であった軟弱地盤への地盤補強工事を、安価で小型の機械で施工可能にしました。被災地の地盤補強と高台移転住宅地の地盤補強の工法として検討中です。

事例5 製缶製品の設計と製作

製缶製品の設計と製作

製缶製品の設計と製作

製缶とは、鉄板を始めとする様々な鉄材を切断・溶接等製缶製品の設計と製作加工することで、立体的な製品を作り上げることです。
お問い合わせフォーム